概 要

■ 法人  
法 人 名: 社会福祉法人いまい福祉会
施 設 名: 今井保育園
理 事 長: 大森権四郎
認可年月日 平成24年4月2日
所 在 地: 〒260-0834 
千葉県千葉市中央区今井 2-12-7
TEL:043-261-5627 
FAX: 043-263-5600
   
 現況報告書 平成28年4月1日  (PDFはこちらから)
 定款                 (PDFはこちらから)
 平成27年度決算報告書      (PDFはこちらから)
 平成27年度事業報告       (PDFはこちらから)
 平成28年度事業計画       (PDFはこちらから)
   
■ 保育園  
名   称: 今井保育園
認可年月日: 昭和26年1月30日
定   員: 120名
所 在 地: 〒260-0834 
千葉県千葉市中央区今井2-12-7
TEL:043-261-5627 
FAX: 043-263-5600
園   長: 大森喜久代

■ 保育時間
通常保育 7:00〜18:00(月曜日から土曜日まで)
延長保育 18:00〜20:00(土曜日をのぞく)

■ クラス構成
定員 120名
3〜5歳児クラス
 ひつじ組
 うさぎ組
 りす組
2歳児クラス
 つくし組
1歳児クラス
 すみれ組
0歳児クラス
 たんぽぽ組 
一時保育クラス
 いちご組
年齢 産休明け(2ヶ月)より
就学前(6歳)まで
   
   
   

■ 職員構成
保 育 士
 3〜5歳児クラス:3クラス 計4名 
 2歳児クラス:5名
 1歳児クラス:5名
 0歳児クラス:4名
 一時保育クラス:3名
パート職員
 延長保育:15名
栄 養 士
 2名
調 理 員
 2名





保育料

通常保育時間保育料
千葉市が定める通り
延長保育料(月額・おやつ代を含む)
0〜2歳児… 3000円(19:00まで)
6000円(20:00まで)
3〜5歳児… 1900円(19:00まで)
3800円(20:00まで)
※A・B階層の方は延長料金はかかりません。

   

保育園設立のあゆみ

戦後の混乱期、創設者大森四郎次が民生委員を委嘱され、困窮きわまりない各家庭の子どもたちの実態を憂え、自宅を開放し、今井保育園が設立されました。

昭和26年 1月30日   千葉県より施設「今井保育園」として認可される
園長 大森四郎次 定員40名
昭和28年 4月30日   定員60名に変更
昭和34年 6月11日   千葉県より法人「財団法人 今井保育園」として認可される
理事長・園長 大森四郎次
昭和36年 8月1日   定員89名(2歳以上児)に変更
昭和41年 4月1日   定員120名(2歳以上児)に変更
昭和45年 12月31日   園舎増改築(軽量鉄骨2階建て)給食室・保育室・ 乳児室
昭和46年 4月1日   定員120名(2歳未満児15名・ 2歳児5名・ 3歳以上児100名)に変更
昭和62年 11月13日   大森四郎次理事長 厚生大臣表彰受賞
昭和63年 11月3日   大森四郎次理事長 勲五等瑞宝賞受賞
平成 8年 4月1日   大森権四郎 理事長に就任
平成 9年 6月9日   大森喜久代 園長に就任
平成10年 1月26日   定員120名(3歳未満児50名・3歳以上児70名)に変更
昭和60年〜平成13年   水道設備工事・外塀工事・外壁工事・屋根張替工事
トイレ改修工事・全室冷暖房設備(ガスヒーポン)工事・厨房設備(冷凍冷蔵庫・食器保管庫・食器洗浄機他)入替工事・飛散防止フィルム工事・保育室及びホール内装及び床補修工事
平成14年 8月   園舎建設着工(7月仮設園舎に移転)
平成15年 4月   新園舎での保育開始
平成24年 4月2日   社会福祉法人いまい福祉会に移行




保育事業の取り組み


平成元年度より   産休明け保育事業・老人福祉施設訪問など世代間交流事業
平成4年度より   乳児保育事業
平成5年度より   保護者への育児講座
平成6年度より   保護者及び地域の父母への育児講座
平成9年度より   障がい児指定保育所
平成10年度より   年度途中円滑化事業・園庭開放・妊婦子育て支援
平成13年度より   年度途中入所児定員10%増の受け入れ
平成14年度より   延長保育(20:00まで)
平成15年度より   一時保育事業・年度途中入所児定員15〜20%増の受け入れ
平成18年度より  

一時保育・特定保育事業として受け入れ開始

平成21年度より  

改定保育所保育指針(保育課程の作成及び実施)の取り組み
ステートメントブック・基本方針書作成

 



保育環境の見直し


平成7年度   ●4・5歳児の異年齢保育の実施
●乳児担当制保育の実施(0〜2歳児クラス)
●木製おもちゃによるコーナー遊びの充実
平成8年度   ●個人に合わせて時間差をつけた食事と午睡の実施
●食生活の見直し(メラミン食器を陶食器に替え、スプーン・フォークは持ちやすいものに、箸は竹箸に替える)
平成9年度   ●3〜5歳児の異年齢保育の実施
●3〜5歳児のベッドの導入
●総合園庭遊具の設置(幼児用)
平成10年度   ●総合園庭遊具の設置(乳児用)
●保育室・ホールなどの床や壁の補修
●給食室施設整備(厨房設備入れ替え工事など)
●絵本購入(貸し出し図書開始)
●木製おもちゃの補充
平成11年度   ●保育室改築
●トイレ補修
●木製おもちゃの補充
平成12年度   ●木製テーブル・イス・おもちゃ・遊具の購入
●わらべうたの取り組み開始
平成14年度   ●園舎改築(8月)
●仮園舎に移転(7月)
平成15年度   ●新園舎での保育開始
平成16年度   ●デイリープログラムの見直しと確認・保育内容のチェック



保育方針 保育事業 保育内容 1日の流れ 年間行事 お知らせ 今井日記